授業について

   ホーム  >  授業について [ 単位制とは ]
 単位制とは

 

ひびき高校は、福岡県に2校しかない、朝から夜まで学べる県立の単位制高校です。
単位制ですので、学年制のような学年の区分がありません。
学校が定めた学年ごとの教育課程やホームルームごとの時間割に基づいて学習するのではなく、開設されているすべての教科・科目の中から、卒業のために必要な科目(必履修科目)と、興味・関心のある科目や自らの進路実現に必要な科目等を選択し、修得した科目の単位を積み重ねて卒業資格を得ることになります。

ひびき高校の単位制では、時間割がオーダーメイドできます。生徒一人ひとりが約130種類の講座の中から必要な講座を選び、卒業までの学習計画と時間割を作成することができます。
自分の決めた時間に登校できるので、本格的な校外活動を行いながら高校生活を送ることができます。
また、ひびき高校の授業のほかに、大学や専門学校の授業を受けることもでき、その学修成果を本校の単位とすることも可能です。

 

 

・所属する部以外の授業も受講することができます。その際は、全受講登録の50%以内の範囲で他の部の授業を選択することができます。

・授業は、I部(午前部)・II部(午後部)・III部(夜間部)の時間帯に週5日(月曜日~金曜日)開設します。

・入学後、生徒は上表に示す3つの区分(部)に所属することになります。本校入学後の転部はできません。

・所属する部で開設するホームルーム活動・総合的な学習の時間に毎週出席する必要があります。

・授業は、2時限連続の90分で行います。

 

         

 

 

   

 ホーム